地震に備える

耐震性について知っておこう

日本で住宅を建設する場合、その心配事の多くは、地震ではないでしょうか。果たして自分の住む家は地震が来ても耐えられるかどうかという点は、住宅を購入する前の関心ごとのはずです。 もし、住宅の耐震性がしっかりとしていなければ震度7の地震が来た時に住宅が倒壊してしまい、そこで死んでしまうことも冗談でなく現実に起こり得ます。阪神淡路大震災から教訓を得られるとすれば、耐震性がぜい弱な住宅は倒壊し、住人は死亡する可能性が高いということです。実際に阪神淡路大震災の死者の8割は住宅が倒壊したことで死亡したのです。 そこで、これから住宅を建築する場合は、その住宅の耐震性が気になるところです。最近の住宅は耐震基準が厳しいため、大きな地震でも崩れることはそうそうありません。

地質調査の重要性について

一方、地盤強化についても重要です。地盤強化とは、住宅の下にある地盤を地震が来た時でも大丈夫なように強化することです。極端な話、砂の上に住宅を建てて地震が来た場合は、一気に倒壊する可能性や地滑りなどを起こし建物がどこかへ流されてしまうことも十分考えられます。 そこで、まずは地質調査をする必要があります。地質調査をすることで、その地盤が軟弱なのかそれとも良好なのかがわかるからです。 地質調査は専門の機会でその地質の硬さを測ります。もし、地質調査で軟弱地盤だと分かった場合は、地盤改良をしなければなりません。 地盤改良は表層改良工法という方法、柱状改良工法という方法、そして鋼管杭工法という方法があり、その軟弱地盤の深さで使い分けます。

水の節約のために

井戸掘りは、生活に不可欠な水を水道からではなく、自給自足的に得るために必要なことであると言えます。井戸掘りを専門とする業者に依頼することで、ゆたかな水脈を得ることが出来るのです。

万が一の備え

地質調査によって足もとの地の状態を確かめるように、井戸掘りによって急な場合にも困らなくて済むようにしましょう。井戸は、たとえ水道が機能しなくなったとしても、変わらず水をもたらしてくれるのです。

水のメンテナンス

今、井戸掘りの業者によって家に取り入れることが出来る井戸は、清新な水をもたらしてくれますが、定期的な水質調査なども欠かせません。いつでも水の尽きない豊かな生活のために、知っておくべきことがあるのです。